これを持っていけば安心!旅先で役に立つ物

普段旅行に持っていく物って?

旅行に行くときに必ず持っていく物って色々あると思います。
スマホで時間が確認できても、時計は持って行った方が安心です。充電切れになることもないし、すぐに確認することが出来ます。

それから薬などもあるといいでしょう。
何かあった時のための鎮痛剤や、旅行に行くとお腹を壊しやすい人は腹痛の薬、それから旅先であまり眠れないという人は睡眠薬を持っていくと良いと思います。
睡眠不足になって楽しめないのは悲しいですよね。

お金は宿泊代・食事代・観光用などに分けておきましょう。
分けておくと無駄に使ってしまうことがないのでおすすめです。

もしも、旅先で怪我をしてしまったり病気になってしまった場合でも大丈夫なように、保険証は忘れずに入れておいた方が、いざという時に役に立ちます。

あって困らない!役に立つ物たち

まず最初におすすめなのが、双眼鏡です。
せっかく見に来ているのだから、ちゃんと見たいですよね。
人が多すぎて近くで見られない場合や、見たいものが遠くて見えない時に役に立ちます。

持っている人は少ないかと思うのですが、手ぬぐいもとても役に立ちます。手ぬぐいは、軽くて薄いので荷物にならないのはもちろんのこと、乾くのも早いし、端と端を結ぶことで袋代わりにもなります。

睡眠薬の他に、耳栓やアイマスクなど、睡眠を邪魔されないグッズが多くあると快適に過ごせると思います。

一人で旅行に行く場合に心配なのが安全面です。
何かあった時のために、ホイッスルや懐中電灯などがあると安心です。
一人の時だけでなく、女性同士で行く時にも持っているといいでしょう。
自分の身を守れるように準備していきましょう。

地元民がお勧めする、はじめての冬の北海道旅行

あなたなら誰と行きますか?

真っ白な雪原が広がる、北海道。北の大地の冬の魅力は、何といってもその美しい景色と、美味しい食事です。恋人と、友人と、家族と旅行で楽しむために、必ず押さえておきたいポイントを、北海道民目線でご紹介します。

まず前提として、北海道は広いです。南端の函館市から最北端の稚内市まで630キロほどあるくらいですから、冬は天候によって、交通機関の運行中止や通行止めなどが起こりがちです。都市間の移動には一層時間がかかることを念頭に置いて、あそこもここもと欲張らずに、旅先として選ぶ街は1つにしておくことをお勧めします。

はじめての方なら、中心都市である札幌市がいいのではないでしょうか。基本的な雪景色と全道から集まる旬のうまいものを味わえますよ。

景色と食事を楽しむためには

1. 昼は雪遊び、夜はしっとりと…
スキーやスノーボード、そり遊びや雪合戦、せっかくの雪は、心ゆくまで楽しんでほしいです。ふかふかの新雪にぼふっと仰向けに倒れこむのも、いいものですよ。夜は街の明かりが雪に反射して、やわらかく感じられます。夜の散策は、恋人と甘い時間を過ごしたい方にお勧めです。昼も夜も、あったかくしてお出かけください。

2. 握り寿司なら海側の街で食べよう
やっぱり、評判の北海道の海産物を楽しみたいですよね。どこの街でも基本的に、美味しい寿司が食べられます。お安い回転寿司屋さんでも、満足できる味を提供しているところは多いのですが、特に海側の街ではその割合が高いです。地元民の舌を信じて、お寿司屋さんを選んでみてください。

いろいろな企画の便利なバスツアーがおすすめ

日帰りバスツアーはおもしろい

日帰りバスツアーは朝に出て夜に帰宅するというプランで意外に遠くまで足を伸ばせるので、リーズナブルで手ごろに楽しむことができます。
いろいろなプランがあり、見ること重視や食べること重視や観光重視があります。バスでの移動ですので移動中は睡眠や読書など個人個人でゆったりとした時間を過ごすことができます。季節を堪能するプランが特徴的で、春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬はカニといった旅行会社各社がユニークなプランを打ち出しています。お土産付もあり楽しみも工夫されています。
たとえば、日帰り温泉ツアーや京都の寺院を巡る旅やプロ野球観戦ツアーなどがあります。最近は、カップルやシニアをターゲットにした企画もあります。

スキーならバスツアー

スキーならバスツアーがおすすめです。リフト券やレンタル料をセットにしたプランが多くとても割安感を持っていけます。雪が大量に降っても運転する心配もありませんし、疲れての運転を回避するメリットもあります。
日中すべるコースやナイターを重視したコースなどいろいろなニーズに対応したプランがあります。宿泊のセットプランもあり、食事や温泉も楽しみつつ冬のスキーを満喫する環境が整っています。平日がとても安く、人が少ないのでバスに乗るときにゆったり感があって快適に移動することができます。いろいろなスキー場に向けたプランがありますので定期的に利用することでたくさんのコースを体験して満喫することができる環境が整備されています。

今までの旅行にマンネリ感を感じてしまった人へ、一味違った楽しみ方をしませんか?

年金暮らしでも行きたくなる国内旅行

旅行は旅をして、宿に宿泊することだけを旅行とは呼びません。日帰りであろうと、旅行は旅行です。そんな日帰り旅行で定番でもあり、オススメは沢山の場所を巡り、場合によっては、行く土地の名物料理を堪能する事が出来るバスツアーです。最大の理由は、個人で予約が出来ない工場なども見学する事ができて、更にはアウトレット価格で、工場直売品を購入する事が出来るからです。アウトレットとは言え、勿論ですが作り立てです。親戚や友達に配るのも良いでしょう。地域や時期によっては個人の見学が出来る工場もありますが、その場合は案内してくれる方は付かない事が多いので、商品について知りたい場合は、団体で予約をするバスツアーの方が良いでしょう。

行き先がわからないのも良いかもしれません

行き先が国内であること、そして現地での滞在期間以外はわからない、つまりはミステリーツアーと呼ばれる旅行です。少しだけ冒険してみたい人にはオススメします。行き先が国内である事と、ガイドしてくれる方がいらっしゃいますので、安全性に問題はありません。ミステリーツアーも目的に合わせた選び方が出来るようになっています。イルミネーションが見たい場合や、海や山の幸が食べたい場合等、それぞれのプランに合わせて旅行会社が行く先や宿泊施設を満足してもらえるように計画しています。ミステリーツアーとは言いますが、目的はこちらで指定して、バスの行く先は決まっているので、景色を眺めながら目的地を予想する楽しみと、着くまでのドキドキ感を味わうことが出来ます。

大人も子供も楽しめる憧れの最高の家族旅行

東京から2時間のところで楽しめるところ

東京の都会から2時間で行けるところで、自然の中で過ごせるところがあります。
渓流や森があり、チャレンジ体験ができるところがあります。
そこは、星野リゾートで、栃木県の日光市にある川治温泉のところです。

そこなら、大人も子供も楽しる家族旅行として、最高の場所です。

自然の空気を旅館の窓からいっぱい吸い込むことができます。
しかも、畳なので、和風体験を楽しめます。

疲れたら、足湯体験ができ、気持ちよく過ごせるので、
都会の中でのストレスが、癒され、いっぺんに吹き飛んでいきます。
自分を見つけ、自分らしさをより戻せるきっかけも生まれてきます。

家族を見つめることができるので、家族の絆が深くなっていきます。
家族旅行は、やはり1年1回でも大事な行事として行っていくといいですね。

チャレンジ体験に挑戦してみよう

せっかく、旅行に来ているので、何か自分の出来る範囲で体験してみるのも良いと思います。
ここでは、石臼体験やピクルス作り、また季節によって、スケートやスキーなどもできるとのこと。

ところによって、自然体験やプールなども備えられているので、
好きなことが楽しめます。

旅行の雑誌やネットで調べると、情報が載っているので、
何が体験できるのか、調べられてみるのもいいかもしれません。

特に、夕日には雲海テラスでは、まるで雲の上を歩いているような体験もできるらしいです。
都会では、なかなか体験できない部分を、この日本の中で、しかも東京から2時間のところで、
そんな夢のような体験ができるのは、なかなかないと思います。

そこで、生きるパワーをもらって、楽しい生活を送ってほしいです。